プロジェクトマネージャのためのエンジニア資格について

あなたはいくつ知ってる?

人気記事

ITエンジニアも様々!

プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど、ITエンジニアの種類を紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらへお願いいたします。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ
  • プロジェクトマネージャ試験の概要

    プロジェクトマネージャ試験は、情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験の1つです。まずは、同試験の対象者と資格取得メリットについて見ていきましょう。

    【対象者】
    受験対象となるのは、ハイレベルなIT人材としての確固たる専門分野を持つ人です。それとともに、システム開発プロジェクト全体の責任者として計画立案や人材・資源の確保に従事し、予算・納期・クオリティを守りながら管理を行う能力も重視されます。
    【資格取得のメリット】
    同試験に合格するメリットには、次のような事柄があります。
    ・試験勉強を通じてプロジェクトマネジメントに必要な基礎知識が身につく
    ・プロジェクトマネージャとしての管理力があることを客観的に証明できる
    ・プロジェクトマネジメントの知見を活かした提案ができるようになる

    資格を取得することで、高度なスキルを保有するプロジェクトマネージャとして周囲に認識してもらえる可能性が高まりそうです。

  • プロジェクトマネージャの仕事とスキル

    プロジェクトマネージャは、情報システム、あるいは組み込みシステムの開発責任者となり、プロジェクトの管理全般に従事する職種です。具体的には、以下の業務を主導的な立場で遂行します。

    ・システム化構想の策定を助け、プロジェクト計画を立案する
    ・人材や資源を確保することで、プロジェクト体制を整備する
    ・作業工程を管理することで、円滑なプロジェクト運営を行う
    ・課題を認識し、適切な対応をすることで目標達成を目指す
    ・関係者に必要事項を報告し、支援と協力を仰ぐ
    ・プロジェクトの計画および結果を適宜分析し、評価する

    プロジェクトマネージャ試験を受験するにあたっては、上記を全うする上で必要なスキルに長けていることが求められます。

  • プロジェクトマネージャ試験は難しい?

    プロジェクトマネージャ試験は、情報処理技術者試験でも最高難度のレベル4に区分される資格です。経験豊富なエンジニアが受験するにもかかわらず、応募者数に対する試験合格率が例年ひと桁代であることからも、その水準の高さがうかがえます。なお、同試験には記述式・論述式の出題も含まれます。専門知識は申し分なかったとしても、文章を書くことが得意でない場合は苦戦することが予想されるでしょう。独学で合格するエンジニアも多くいるようですが、自信がない方は各種講座・通信教育を利用するのも手です。